羽アリの駆除はプロに頼もう【シロアリの可能性がある】

ハト

業者に協力してもらう

鳩の糞被害などで悩んでいる人は、撃退方法を考えてみましょう。ホームセンターなどで売られている音の出る機材を使ってみるというのもいいかもしれません。それでもダメなら、専門業者に協力を求めることをおすすめします。

詳しく見る

虫

害虫駆除業者に依頼しよう

トコジラミに噛まれると強い痒みが発生しますが、家庭で完全なトコジラミ駆除を行うのは難しいものもあります。家庭での対策では掃除機やスチーム、殺虫剤なども役立ちますが駆除が難しい場合は早めに専門の害虫駆除業者に依頼しましょう。

詳しく見る

ねずみ

専門業者がある

ネズミが一匹居たら、もっと居ることが考えられます。すぐに退治に乗り出しましょう。ただし、素人では危険です。ここは專門業者に任せることをおすすめします。罠を仕掛けたり、薬剤を使ったりして完全に駆除となるはずです。

詳しく見る

ネズミ

効率的な駆除に必要な事

ねずみ駆除に使うグッズにはそれぞれ適した用途があり、その特徴を理解しないとなかなかねずみは捕まりません。毒餌は餌場となっている場所に仕掛ける、粘着シートは通り道に隙間なく並べる、捕獲機の餌はねずみの好みに合わせる、などの工夫によって駆除率は大幅に上昇します。

詳しく見る

ごきぶり

ベイト方式の効果性

業者にゴキブリ駆除を依頼する際には「薬剤の散布」のみではあまり効果が期待できません。生きているゴキブリの他に卵も駆除するためには「ベイト方式」を利用しましょう。ベイト方式は餌に薬剤を混ぜそれを摂取すれば成長したゴキブリから孵化したての幼虫まで駆除する事ができます。

詳しく見る

シロアリかもしれない

ハネアリ

駆除業者に見分けてもらう

羽アリを見つけたら、それがシロアリかもしれないので見極めることが大切です。というのも、シロアリだったら家の床下の柱を食べてしまっているかもしれないからです。当然、素人では区別がつきにくいため、ここは専門業者にお願いしてみましょう。たとえ羽アリであったとしても、大量発生をしていることが考えられます。専門業者なら駆除をしてくれるので安心です。また、羽アリは羽があるので飛んできます。いつの間にか網戸の隙間から入ってきたということもあるので、夏の換気には気をつけましょう。カーテンにひっついていたり、電気の下に落ちていたりする場合には大量発生のことも考えて駆除業者に任せた方が無難です。もちろん、駆除業者に頼らなくても少量なら自分で退治することもできます。簡単な方法としては掃除機で吸い取ってしまうことです。これならあっという間に退治できることでしょう。一時しのぎにはちょうどいい方法です。また、湿気の多い時期こそ羽アリが大量発生しやすいので、湿気には注意をすることが大事です。湿気取りを用意したり、適度に部屋の換気をしたりして気をつけましょう。それでもどうしようもない場合には、駆除業者にお願いするしかありません。それにシロアリとの区別をつけるためにも、一度、駆除をお願いしてみるのも有効的です。また、駆除業者にお願いする時には費用や実績などを比較してからにしましょう。中には悪質業者もあるからです。知名度が高く、評判のいいところを選択します。